3Dグラフィック、プログラミング、ものづくり・・・、創作活動を楽しもう!

転職について考えばー

この前、転職と身の丈に合わないマンションを買う事への愚痴を書きなぐってしまいましたが、既に決まったことだから、ちゃんと考えないといけませんねー。転職。

住宅ローンを抱えるタイミングで、転職というリスキーさに恐怖しているばかりじゃ、覚悟が決まりません。自分のキャリアですから、ちゃんと考えねば。

 

 

会社で出世するキャリア、転職でどこでも通用するプロになるキャリア、独立するキャリアと、ざっくり分けると3つの道のりがあるわけですが、冷静に考えて、管理職としてのマネージメント能力を磨き上げる要素の強い出世コースより、職人気質の僕としてはプロフェッショナルを目指す転職コースは目指すべき方向としてアリなんですよね。

 

転職のタイミングとしても、同じ部署に3年在席し、与えられた目標はほぼほぼ達成した後なので、ステップアップとして良い頃合です。
まぁ会社もそこを分かってくれているので、違う部署に異動になったわけですけどね。異動先が数値解析を行う部署なんで1年でやめるのはちと勿体ないな、っと思っているのが正直なとこですが、歳を重ねるほど転職は怖くなるでしょうから、やるなら今。ベストタイミング。

 

ただそれも、今回の転職をイレギュラーとし次の会社で出世コースを目指すのではなく、転職コースを目指してこその話です。

転職コースではステップアップとして、今後も何度か一定期間で転職を繰り返していく必要があります。どんな環境でも能力を発揮できることを武器にするのがこのコースですから。そうでなければ、最初から会社にいる人に遅れをとるだけのものになってしまう。

 

転職をもう何回か。これが怖いですねぇ・・。今でさえ妻子+住宅ローンを背負った状態での転職に気を病みそうなほどビビってる僕です。正直、自分を大きく見せるのは苦手で転職活動に自信がない。それを何度も乗り越えていくことが果たしてできるのか。うーむ。

 
 

ちょっと視点を変えて、目指したいことから見ていくと、僕が夢見ているプランは、実は、起業コースです。転職コースより難易度が高いコース。

 

自分が起業に向いているかと言われると向いていません。社交性もリーダーシップ性も低いし、自制もできない。それに、経営者よりかは技術者になりたいと思っています。

だから起業するにしても、個人もしくは数人のメンバーで、自らも職人として手を動かしながら働く個人経営スタイル。本業と掛け持ちで下地を整えて、定年までに独立して、生涯現役で細く長く繋ぐキャリアを夢見ています。それにはやはり特化した技術や専門知識を持つことが有利になりますから、そういった意味でも転職によりスキルを磨き、プロフェッショナルになる事は、自分の目指す方向と一致するキャリアの取り方なのです。

転職ごときでビビってちゃダメってことですよね。
妻にけつ叩かれて丁度良かったんじゃないか。

 

よし、今転職することが自分のキャリアステップとしてアリということが分かりました。転職に対する意気込みは固まった。

キャリアプランとしては転職コースを前提としますが、転職の難易度を実感してから、そのリスクが背負えるか決めるとします。ちょっと逃げかな。まぁ、いいや、ここからが本題だ。

 

どんな仕事を経験して、どんな経歴を辿って何のプロになりたいか。前提条件とも言えるべき、これらを決めないといけません。目標がないと目標達成までにすべきことががはっきりしないので、ステップが踏めません。ですが、これを定めるのが実は大変です。今まで大きな目標を持って生きてきたわけではないですから。

 

結局、僕が転職にビビってる最大の理由がここなんですよね。
自分で辿るべき道を認識して歩いていないから、横道に押さ出されるとまたどこに行くのか分からなくて怖がってる。

本来、社会に出る前に、いや、大学進学の時にでも考えとくべきことなんですけど、やってきませんでした。なんで自分はこんなにもなぁなぁで生きてきてしまったんだっと落ち込みましたが、実際、人生の目標が決まって行動できる人は1%くらいなもんらしいです。落ち込むほどではなかった。運よく考えるきっかけを得たと思って前向きにいこう。

 
 

先日キャリアカウンセリングとやらを受けてみました。そこで得た情報は、転職可能時期が4月以降なら、内定は1月、2月、応募は10月から始めるのが良いとの事。ちょっと時間が空いて、いい機会です。しっかり考えてみよー。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

TibLab Blog © 2014 Frontier Theme