3Dグラフィック、プログラミング、ものづくり・・・、創作活動を楽しもう!

ディスプレイの画面の明るさが勝手に変わるのを無効にする

全体的に白っぽい画面から、黒っぽい画面などに映ると、チカチカと徐々に画面の明るさが変化する。

バッテリー消費を抑えるための機能だけど、チカチカしてうざいうえに、黒っぽい画面では、暗くなりすぎてよく見えない・・・、う、うざい。

ということで、無効にしよう。

 

 

環境
OS:Windows10(64bit)
PC:Dell Inspiron14
CPU:Intel Core i3-4010U
GPU:Intel HD Graphics 4400

 
自動で画面の明るさを調整する機能には、いくつかあるらしくて

  • Windowsの機能(自動輝度調整機能)
  • グラフィック機能(インテル省電力テクノロジーなど)
  • メーカーの独自機能

 

僕の行った作業を列挙しますと、

  • Windowsの自動輝度調整機能をオフにする(既にオフになっていた)
  • Sensor Monitoring Serviceを無効にする(既に無効だった)
  • インテルHDグラフィックスからディスプレイ省電力テクノロジーを無効にする

⇒完了
それぞれの作業手順が以下。

 

Windowsの自動輝度調整機能

  • ディスプレイ上で右クリック→ディスプレイの設定
  • 設定→ディスプレイ→画面の明るさを自動調整する→オフ

または

  • スタートの右クリック→電源オプション→プラン設定の変更→詳細な電源設定の変更
  • ディスプレイ→自動輝度調整を有効にする→オフ

参考:
Windows 10で画面の明るさが勝手に変わる
http://www.relief.jp/itnote/archives/windows-10-disable-adaptive-brightness.php

 

 

Sensor Monitoring Serviceを無効

どういうわけか、設定で自動輝度調整をオフにしても、自動調整機能が働く場合があるらしい。

  • Win + R キー→「services.msc」と入力→OK
  • Sensor Monitoring Serviceを右クリック→プロパティ
  • スタートアップの種類を無効に→適用
  • 再起動

参考:
蒼と碧の境界で : windows10の自動輝度調整
http://blog.livedoor.jp/lost_elysium/archives/1909792.html

 

 

ディスプレイ省電力テクノロジーを無効

  • デスクトップで右クリック→グラフィックスプロパティ
  • コントロールパネル起動
  • 電源→バッテリー駆動→ディスプレイ省電テクノロジー→無効

参考リンク

画面の明るさが勝手に変わります – ノートPC | 【OKWAVE】http://okwave.jp/qa/q8977530.html

Updated: 2017年3月5日 — 08:30

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

TibLab Blog © 2014 Frontier Theme