RaspberryPi Zero Wの18650電池での稼働時間

ちょっと最近、財布の紐が緩んでしまい、つい余計な買い物をしてしまいます。
その内の一つで、KEEPPOWERの18650電池(リチウムイオン電池)を購入しました。

RaspberryPi Zero Wのモバイル端末化に向けて、前々から興味のあった製品です。中国製ですが、中身は日本製で保護回路付きの18650電池としては定評のある製品らしい。

単三電池との比較

RaspberryPi Zeroとの比較

 

第一印象としては、結構でかいなという印象。寸法は知ってても、電池といえば単三のイメージがあるので、大きく感じます。
18650という規格名はセルのサイズを表しますが、製品自体のサイズは直径19mm、長さ69mmです。

秋月の18650電池ケースにギリ入りました。
https://akizukidenshi.com/catalog/g/gP-08407/

 

さて、本題の稼働時間ですが、33.5時間でした。

条件については、エネループで稼働時間を確認した時と同様で、電池は直結、ZeroはほぼデフォルトでWiFiが常にONの状態です。30分おきにサイトにアクセスして死活を測定してます。

エネループ3本では、13時間だったので、約2.5倍です。この電池の容量12.95Wh(公称値)と、エネループ3本の容量1.2×1.9×3=6.84Whの倍率は約1.9倍なので、見込みより長持ちしました。

センサを取り付けても、一本で丸一日動かせそうですね。

 

容量を公称値である12.95Whとすると、消費電力は0.39W。
一般にZeroWの消費電力は0.75Wとされます。電圧が低いので消費電力自体も小さくなるのでしょうが、ZeroWは2.7Vくらいまで動作することもあって、電池の容量が公称値より大きいために、低い値になっていると思われます。

 

無駄な買い物にならぬよう、この電池を使ったデバイスを作らねば^^;

テレビ録画用HDDの移植

PCデータのバックアップ用のHDDが壊れたので、新しいHDD(4TB、3.5インチ)を買いました。

今は4TB、8TBくらいが一番コスパ(容量あたりの単価)が良いっぽい。ただ、PCデータバックアップ用としてそんなにいらないので、4TBの新しいHDDは、容量に不満があったTV(TOSHIBA REGZA)の録画用HDDとして用いることにしました。

既存のHDDは2TBで、そのデータを4TBのHDDに移植します。

【要約】
・AOMEI Backupper standardでHDDをコピー(クローン)
・GPartedでパーティションサイズを変更

環境:Windows10

(さらに…)

衣類乾燥機の修理

明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いします。

年末年始の休み中、家の衣類乾燥機の修理をしました。

型番はPanasonicのNH-D402P。
新品購入後7年程ですが、ほぼ毎日3,4回は回している気がします。

どうしようかなぁと思って、ネットを漂っていると、下記サイトの修理内容が型番・症状ドンピシャだったので、これなら直せるかなっと思い、直してみることにしました。

 

パナソニック 衣類乾燥機 NH-D402P D502P ドラムが回らない・音がうるさい
https://jimnysj.blog.fc2.com/blog-entry-3293.html

 

結果としては直せて、4000円程の部品代で済みました。わーい。
(修理状況は後述します)

こういう情報を提供してくれるのはすごく有難い。けど、電気屋さんは仕事は減ってしまうかもしれませんね^^;

 

ちなみにこの修理を近所の電気屋さんに見積もってもらうと(出張修理)、2万円程との事でした。まぁ人件費考えるとそれくらいになりますわなぁ。

今回、部品の型番が分かったから、自前で修理できたものの、その情報がなければ無理で、2万円程をかけて修理してもらうか、買い替えるかしかありません。買い替えの選択も十分あり得る。

 

大量生産のコスト削減効果は凄まじいので、プロの修理より新品買う方が安いなんて往々にしてありますが、資源的には凄くもったいないですね。

欧米では、メーカーに修理に関する情報の提示等を求める「修理する権利」への関心が高まっていますが、機械いじり好きとしては、その発展を望むばかり。

まぁ、自前で修理する人がアウトローの内は、何があっても自己責任という事を分かってる人がほとんどなので、問題は少ないと思いますが、一般化すると感電して訴えるなんて人も出てきそうですけど。

 

以下、乾燥機の修理状況ログです。

(さらに…)