3Dグラフィック、プログラミング、ものづくり・・・、創作活動を楽しもう!

FEMの勉強3

FEM、FEMと言うけど、これから使うのは差分法を使った解析ソフト。構造分野に絞らず、数値解法として共通する部分も学ぶべきかな?と思い、下記の本を購入しました。

すると、まー、びっくりするほど、まったく分からない。宇宙語のごとしで、まるで頭に入ってこない。「このように~」って言われても何をどうしてどうなったんだー。

前回のVBAによる有限要素法入門を呼んだときも難しいなーっと思っていたけど、内容はなんとなく分かったので、実は分かりやすい本だったんだなぁと今になって実感。最近はネット通販に頼りがちですが、やはり本屋で中身を見ることは大事だなぁ。

さりとて、買ってしまったものは活用せねば。とりあえず・・・、例のごとくPythonで書き換えてみよっと。

写真のGPS一覧を取得するウェブツール

小さい更新も発信しとこ

 

写真GPS情報の一覧を取得
http://webapps.tiblab.net/media/photo-gps/

複数の写真のGPS情報を抜き取る作業をしたんですけど、ファイルプロパティからはコピペすら出来ないし、面倒くさすぎたので作りました。

 

 

画像位置情報取得ツールなどのフリーソフトは、会社のPC等の場合、勝手にインストールできないことも多いので、まずはExcelで有志が作ったExif取得クラスを試すも上手く取得できず、JavaScriptでも挑戦したけども完全ローカル完結は上手くいかず、最終的にPHPになりました。

画像データ使うわけではないのに、アップロードするのも何だし、容量制限とか、枚数制限とか出てきちゃうけど、使う機会はある・・・はず!

 

追記:
Uploadify なる便利なjQuery プラグインを使わせてもらい、大量ファイルに対応しました。ローカル完結が理想なんだけどなー。

 

参考リンク

画像位置情報取得ツール
http://www.vector.co.jp/soft/winnt/art/se480834.html

BGEファイルをちょこちょこ整備

久々に最新Blenderをダウンロードしました。2.78になってますねー。

OneDriveにストックされているファイル達をちゃんと日の目を見るところに当てようと思い、ちょこちょことページを整備しています。

http://tiblab.net/bge-samples/
Blenderに関するサイトを見て回ると、Blenderを日本語にしているページが増えてきました。昔はちょっと凝ったことをしようとすると、英語の情報を辿るしかなかったので、英語のままの方が良かったですが、もう替え時かな?どうしよっかな。

FEMの勉強

4月に転職、引越と怒涛の2週間が過ぎました。まだカーテンも一部しかついていない状況だけど、PC開くくらいもういいよね。

結局、転職前の職場もギリギリまで勤め、1週間だけ有給消化週間をもらい、1歳児の相手をしながらだと全然進まない引越準備を妻と大喧嘩しながらも、なんとか引越は無事完了。最初の1週間は家の事に意識を持ってきていたけど、転職者なので、そろそろ戦力として業務することを求められるだろうし、こっちとしてもアピールしていきたいところ。

とりあえず、採用の目論見として、これまでの定常業務+数値解析を内製化したい意向があるらしい。前の職場ではホントかじった程度なので、新卒のような甘えが効かない分、本腰を入れて勉強しなくてはー。

現在、数値解析として最もベーシックに使われる有限要素法(FEM)の勉強を進めていこうと思い、本を買いました。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ExcelとVBAによる実用有限要素法入門 [ 白井豊 ]

価格:2592円(税込、送料無料) (2017/4/16時点)

 

いかんせん、数学が苦手で(なぜ解析を見込まれたし)、数式を見てもちんぷんかんぷんなので、プログラムで学ぶことにしました。

 

本編の一部とExcel(VBA)はこちらからダウンロードできます。

http://souzousha.iinaa.net/www/FEM/Download.htm

 

とりあえず、この本で出てくる1次元のFEMプログラムを、何も考えずPython化してみました。

(さらに…)

TibLab Blog © 2014 Frontier Theme