3Dグラフィック、プログラミング、ものづくり・・・、創作活動を楽しもう!

ピック中

ラズパイをするはずが、なぜかPICに舞い戻った。

 

高機能プランターを作りたい言った友人が、なかなかセンサ類を買おうとしないので、別の検討を考えることしました。

ラズパイで何かを監視するにも、今回屋外に置くことを考えているので、ソーラーパネルなどで電気供給する必要があります。

ソーラーパネルは、スマホ用のバッテリー一体型の製品なら安価だし、コンパクトだし、5Vだし、スマホが廃れるまで何かしらの製品が存在し続けるはずだしで、申し分ない。

 

ただ、電気不足で一度落ちると起動しなくなってしまったら困ります。容量を使い切って落ちてしまった後は、一定の電気が貯まったら再起動する対策が必要。そもそも1日数回データ取得するだけなら、その時だけ起動すればそうそう枯渇しないから、起動中に落ちて動かなくなるなんてトラブルも少ないはず。つまりは、5Vで動作する電源タイマーがあれば良いってことです。

 

そこで、既製品を探すと、下のような良いものがでてきました。

USB24hタイマースイッチ
https://www.thanko.jp/shopdetail/000000002943/

 

が、offした後にonとかっていうルーティンが出来そうにないのと、似たような製品があまりなくて無くなる可能性があるので、作ってみることを考えました。消費電力が少なくて安価となればPICです。任意なルーティンを設定できたり、自動で時刻調整したりするのは難しそうだから、とりあえず書き込んだプログラム通りの間隔(例えば1hオンで5hオフを繰り返すルーティン)でリレーを操作するデバイスを目標にします。

 

この手の挑戦は、何年かに一回は思い立ち、結局完成することがないまま、パーツだけが増える結果となってい ます。
自分のブログを調べてみると、PICライターを買ったのは2012/5(7年前)。さあ、今回はどうか。

 

まずは、登竜門、LEDをピカピカさせるところから。
(なんで色んなパーツがあるのにそこからなんだ・・・)

(さらに…)

Pythonでパスツール

前回も理想のドローソフトについての記事でしたが、今だその熱を持っていて、今回はパスとかハッチングとかやってみました。

EMFやSVGなどに出力することを考えると、ライブラリが持つ機能に依存するよりは、なるだけ自前で実装したほうが良いはず。どちらのファイル形式もベジェ曲線はサポートしているので、3次ベジェ曲線によるパスのプログラミングを試みました。

 

ドローソフトと言えばこれだよね。

[ソース1](ソースは最後にあります)

制御点を無視して、直線とすることもできるようにした。

 

機能として必須なのが、パターンハッチング。
ベジェ曲線と直線の交点の計算なんてどうやるんだーっと思ったけど、情報を載せてくれる人はいるもんですなぁ。ありがたい。

斜線パターン

[ソース2]

 

5(その2):直線と曲線の交点(解の公式)
https://pgcity.jp/2010/09/05/175/

 

パターンを繰り返すハッチング

[ソース3]

これで直線ならどんな模様でもできる。いずれ楕円も加えたい。

 

虚数とか出てきてなかなか大変でしたが、出張により久々に一人の夜を過ごし、たっぷり作業できたので、なんとか形にはなりました(後々不具合が出てくるのは必至だと思いますが)。久しぶりにがっつりプログラミング、楽しい。

次にしたいと思っているのが、ブーリアン演算による差分とか合成とか。果たして僕の能力が及ぶのか。。。

(さらに…)

EMFファイルをクリップボードにコピー

いつか理想のドローソフトを作りたいっと思いつつ、意思の弱さゆえに開発を進められていないのですが、仕事の書類などでMS Officeで図形を駆使して図を描くたびに、作りたいと言う思いが再燃します。
そのたびに関連することを調べ始めまして、今回もその一環です。

 

理想のドローソフトに無くてはならない機能が、ベクタ形式のまま簡単にMS Office Word等に図を貼り付ける機能。すなわち、EMF(拡張メタファイル)形式でクリップボードにコピーする機能です。

追記:2006年以降のMS OfficeもOpen Officeもsvgのコピーに対応してるんだって。EMFはオワコンって事か。。。

(さらに…)

ラズパイ中

先日、Raspberry Pi Zero Wを購入しました。そう、将来的にはラズパイでシステム製品を製作•販売し、副収入を得るために。

スターターキット、計5000円なり。

 

うーん、実物を見ると驚く小ささ。これがPCで、しかも1500円程度っていうのがすごい。

家ではおチビちゃん達がいていじれないので、友人の家に直接送り、そこで友人とともに触っています。

友人の希望で、最終的には高機能温室プランターを目指し、初歩的な温度制御にトライアル。

温度計とリレーを繋げて閾値でon-off制御するところまで作った。

これが通常のプログラム作りとほぼ同じ要領でできるようになったのだから、良い環境になったものだ。

TibLab Blog © 2014 Frontier Theme