こんなおもちゃ屋を作りたいという空想

友人とCNCを共同購入して遊んでいます。最近はベニヤ板でコースター作ってみました。

購入時にこいつの活用として、膨らんだ夢の一つにおもちゃ屋さんがあります。
その妄想を書き留めたメモです。

 

 

2歳と5歳の息子がいますが、上の子はお買い物ごっこや料理ごっこをします。下の子はそれをカンや箱にに詰めてお弁当を作ります。
下の子は車と電車をあるだけ並べます。上の子はそこに信号や家を置いて町にしていきます。

そういう遊びをしている時は、とにかく沢山があったら楽しいだろうなぁと。まぁでも沢山揃えれば、それなりの値段になるわけで。しかも木のおもちゃは結構高いのが多い。なので、自分で沢山作れたらなーっと思っています。さらに、それを販売して提供できれば素晴らしいなぁと。

 

こんなネットショップにしたい

箱詰め放題方式で、商品を選べる。Amazonパントリーみたいな方式。箱は宅配サービスの規格寸法に対応したメニューで、好きな大きさを選ぶ。箱代に送料がくっつく。それをカートとして、買う物を放り込んでいく。

システムでは箱詰めアルゴリズムが、詰めれる量を計算して%とかで表示する。実際詰めれる量と計算の誤差範囲は、入るかどうか分からないおまけ分とかにする。
ある程度詰めたら残りを、これまでの好みを分析して、自動セレクトする機能をつける。

箱詰めしたパッケージは公開・共有できる。お弁当屋さんセットとか、動物園セットとか。それぞれで作ったパッケージを共有して、コメントを投稿できて、コミュニケーションができる。作って欲しいものはリクエストできる。

 

子供の成長は一瞬なので、使わなくなったおもちゃは買取する。削って塗装し直してまた販売する。使い捨てにしない。多少の凹みとかはご愛嬌。

 

 

子供がそういう遊びをする今だからそんな思いがあるだけかもしれないけど、そんな事ができたらいいなぁ。

Updated: 2020年10月16日 — 09:20

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。