カテゴリー: 日常

ピック中

ラズパイをするはずが、なぜかPICに舞い戻った。

 

高機能プランターを作りたい言った友人が、なかなかセンサ類を買おうとしないので、別の検討を考えることしました。

ラズパイで何かを監視するにも、今回屋外に置くことを考えているので、ソーラーパネルなどで電気供給する必要があります。

ソーラーパネルは、スマホ用のバッテリー一体型の製品なら安価だし、コンパクトだし、5Vだし、スマホが廃れるまで何かしらの製品が存在し続けるはずだしで、申し分ない。

 

ただ、電気不足で一度落ちると起動しなくなってしまったら困ります。容量を使い切って落ちてしまった後は、一定の電気が貯まったら再起動する対策が必要。そもそも1日数回データ取得するだけなら、その時だけ起動すればそうそう枯渇しないから、起動中に落ちて動かなくなるなんてトラブルも少ないはず。つまりは、5Vで動作する電源タイマーがあれば良いってことです。

 

そこで、既製品を探すと、下のような良いものがでてきました。

USB24hタイマースイッチ
https://www.thanko.jp/shopdetail/000000002943/

 

が、offした後にonとかっていうルーティンが出来そうにないのと、似たような製品があまりなくて無くなる可能性があるので、作ってみることを考えました。消費電力が少なくて安価となればPICです。任意なルーティンを設定できたり、自動で時刻調整したりするのは難しそうだから、とりあえず書き込んだプログラム通りの間隔(例えば1hオンで5hオフを繰り返すルーティン)でリレーを操作するデバイスを目標にします。

 

この手の挑戦は、何年かに一回は思い立ち、結局完成することがないまま、パーツだけが増える結果となってい ます。
自分のブログを調べてみると、PICライターを買ったのは2012/5(7年前)。さあ、今回はどうか。

 

まずは、登竜門、LEDをピカピカさせるところから。
(なんで色んなパーツがあるのにそこからなんだ・・・)

(さらに…)

ラズパイ中

先日、Raspberry Pi Zero Wを購入しました。そう、将来的にはラズパイでシステム製品を製作•販売し、副収入を得るために。

スターターキット、計5000円なり。

 

うーん、実物を見ると驚く小ささ。これがPCで、しかも1500円程度っていうのがすごい。

家ではおチビちゃん達がいていじれないので、友人の家に直接送り、そこで友人とともに触っています。

友人の希望で、最終的には高機能温室プランターを目指し、初歩的な温度制御にトライアル。

温度計とリレーを繋げて閾値でon-off制御するところまで作った。

これが通常のプログラム作りとほぼ同じ要領でできるようになったのだから、良い環境になったものだ。

自走キックボードの駆動装置を考える

毎日駅まで片道20分の道のり。その道のりを楽にしようと、電車の中に持ち運べる大人向け折りたたみキックボードを作ろうと空想しておりまして。

 

近頃、都内でキックボードで颯爽と移動しているスーツ姿の人を見かけることが増えました。見かけるのは外人ばかりだったのが、この前、日本人のおじさん(スーツを着たサラリーマン)が乗っているのを見かけて、おっ!と思いました。
この手の話を日本ですると、「法律で認められていない乗り物を使うなど、社会人として言語道断。そんな常識すら通用しない人は信用できん」なんてマインドが正論としてまかり通る社会。柔軟性の低い日本でも、浸透の兆しが見えてきたように思います。

 

キックボードとは言っても、満員電車で気軽に持ち込めるほどではないので、折りたたみにするべく、形状とか材質を色々空想しているのですが、今回は動力の話。

(さらに…)

Surfaceをもらった・・・けども

とあるとこから、倉庫で埃をかぶってるらしいSurfaceをもらいました。

「えっ、Surface?あの、これさえあれば何もいらない、ってやつ?わーい」っと大変喜んだのですが、帰ってしばらくすると、わかりました。
びっくりするほど使えない・・・Surface RT。。。

 

5年くらい前の端末で、(調べてみると)散々叩かれた上に、もう開発中止しているので、今更使用感がどうとか書く気はないのですが、せっかくもらったし、端末はかっこいいので、もうちょっと使えるようにならないかなーっと粘ってみました。

とりあえずね、僕はPythonを動かしたい。

 

すると、本来Microsoftが署名したソフト以外は動かないようになっているところを、有志の方がRT用(ARMアーキテクチャ用)にコンパイルしたソフトを使えるように、細工するツールが公開されていました。

[Windows RT 8.1] Developer Tool V3.0
https://forum.xda-developers.com/windows-8-rt/rt-development/windows-8-1-rt-jailbreak-exploit-t3226835

その細工を脱獄と言ったりするようで、Windows RT 8.0は脱獄できるけど、8.1は脱獄できない、と言った情報もあったのですが、8.1でも上記のURLに乗っている手順を踏むと、無署名のソフトを使うことができるようになりました。

 

上記のURLに色々有志の方がARM用にコンパイルしてくれたソフトの一覧があって、その中に、PythonとNotepad++がある!

一覧にある全てのソフトがちゃんと動くわけではないですが、PythonとNotepad++は動きました。ただし、Pythonも一部の機能(ctypesなど)が使えない上に、モジュールを追加できないのが痛いですが。Notepad++のプラグインも同様。とはいえ、これだけでも大きな違い。

 

Notepad++にはこのランタイムも必要です。
Visual C++ 2013 runtime (get vcredist_arm.exe)
https://www.microsoft.com/en-us/download/details.aspx?id=40784

 

Pythonを使えるようにするには、上記のURLに乗っている手順だけでなくて、ちょっとした追加作業が必要でした。
それは、上記URLの手順ではsigntoolで、exeとdllファイルに、署名を加えることで使えるようにするのですが、Pythonにおいて、dllファイルは、pydと言う拡張子で保存されていたりします(pydはdllファイルにちょっとした追加ルールがあるだけで、基本的には同じもの)。ゆえに、pydファイルの拡張子を一旦、dllに変更して、signtoolで署名を加えた後、pydに拡張子を戻すっといった作業をすることで使えるようになりました。

 

多少は使えるようになったとはいえ、やっぱり使えるソフトが少なすぎる。使いたいソフトが使えないのは、不都合が多そうなので、モバイルとしてのメインには使えそうにないかな・・・。埃をかぶる場所が僕の家になっただけのようだよ、Surface君。

ただ、今使っているネットブック(AOHAPPY2)は、画面は正しく認識されていないわ、バッテリーが劣化しすぎて残量が分からないわで、もう寿命が近いので、少しは安全材料にはなったかも。
完全に駄目になった時は、もう少し本気で活用することを考えてみようっと。