3Dグラフィック、プログラミング、ものづくり・・・、創作活動を楽しもう!

カテゴリー: 日常

Surfaceをもらった・・・けども

とあるとこから、倉庫で埃をかぶってるらしいSurfaceをもらいました。

「えっ、Surface?あの、これさえあれば何もいらない、ってやつ?わーい」っと大変喜んだのですが、帰ってしばらくすると、わかりました。
びっくりするほど使えない・・・Surface RT。。。

 

5年くらい前の端末で、(調べてみると)散々叩かれた上に、もう開発中止しているので、今更使用感がどうとか書く気はないのですが、せっかくもらったし、端末はかっこいいので、もうちょっと使えるようにならないかなーっと粘ってみました。

とりあえずね、僕はPythonを動かしたい。

 

すると、本来Microsoftが署名したソフト以外は動かないようになっているところを、有志の方がRT用(ARMアーキテクチャ用)にコンパイルしたソフトを使えるように、細工するツールが公開されていました。

[Windows RT 8.1] Developer Tool V3.0
https://forum.xda-developers.com/windows-8-rt/rt-development/windows-8-1-rt-jailbreak-exploit-t3226835

その細工を脱獄と言ったりするようで、Windows RT 8.0は脱獄できるけど、8.1は脱獄できない、と言った情報もあったのですが、8.1でも上記のURLに乗っている手順を踏むと、無署名のソフトを使うことができるようになりました。

 

上記のURLに色々有志の方がARM用にコンパイルしてくれたソフトの一覧があって、その中に、PythonとNotepad++がある!

一覧にある全てのソフトがちゃんと動くわけではないですが、PythonとNotepad++は動きました。ただし、Pythonも一部の機能(ctypesなど)が使えない上に、モジュールを追加できないのが痛いですが。Notepad++のプラグインも同様。とはいえ、これだけでも大きな違い。

 

Pythonを使えるようにするには、上記のURLに乗っている手順だけでなくて、ちょっとした追加作業が必要でした。
それは、上記URLの手順ではsigntoolで、exeとdllファイルに、署名を加えることで使えるようにするのですが、Pythonにおいて、dllファイルは、pydと言う拡張子で保存されていたりします(pydはdllファイルにちょっとした追加ルールがあるだけで、基本的には同じもの)。ゆえに、pydファイルの拡張子を一旦、dllに変更して、signtoolで署名を加えた後、pydに拡張子を戻すっといった作業をすることで使えるようになりました。

 

多少は使えるようになったとはいえ、やっぱり使えるソフトが少なすぎる。使いたいソフトが使えないのは、不都合が多そうなので、モバイルとしてのメインには使えそうにないかな・・・。埃をかぶる場所が僕の家になっただけのようだよ、Surface君。

ただ、今使っているネットブック(AOHAPPY2)は、画面は正しく認識されていないわ、バッテリーが劣化しすぎて残量が分からないわで、もう寿命が近いので、少しは安全材料にはなったかも。
完全に駄目になった時は、もう少し本気で活用することを考えてみようっと。

FEMの勉強3

FEM、FEMと言うけど、これから使うのは差分法を使った解析ソフト。構造分野に絞らず、数値解法として共通する部分も学ぶべきかな?と思い、下記の本を購入しました。

すると、まー、びっくりするほど、まったく分からない。宇宙語のごとしで、まるで頭に入ってこない。「このように~」って言われても何をどうしてどうなったんだー。

前回のVBAによる有限要素法入門を呼んだときも難しいなーっと思っていたけど、内容はなんとなく分かったので、実は分かりやすい本だったんだなぁと今になって実感。最近はネット通販に頼りがちですが、やはり本屋で中身を見ることは大事だなぁ。

さりとて、買ってしまったものは活用せねば。とりあえず・・・、例のごとくPythonで書き換えてみよっと。

ディスプレイの画面の明るさが勝手に変わるのを無効にする

全体的に白っぽい画面から、黒っぽい画面などに映ると、チカチカと徐々に画面の明るさが変化する。

バッテリー消費を抑えるための機能だけど、チカチカしてうざいうえに、黒っぽい画面では、暗くなりすぎてよく見えない・・・、う、うざい。

ということで、無効にしよう。

 

(さらに…)

あけおめ2017

新年、明けましておめでとうございます。

去年は、子供、住宅購入、転職と背負うものが多くなった年でした。転職に関しては、とりあえず、転職先は決定しました。

一人メーカーに備えるべく、機械設計への転身を主眼に置きつつ、リスクヘッジのため現職に近しい土木業界ものも時々つまんでいってみたところ、結局、決めたのは現職に近しい仕事で、最初に内定を出してくれたとこっていう。本来決めたスタンスで進めるなら、さらに挑戦を続けるべき状況だったのにも関わらず、妻と子供の生活とローンの重圧にあっけなく負けてしまいました。。。

改めて分かったのは、自分のやりたいこと、つまりは、自分中心に物事を決断することに極めて慣れていないということ。何かしら周りのため(今回は妻のため)になるという材料が無ければ、決断するに至れない。
決めた転職先は、選択肢の中で、妻にとって都合が良い(都心である、割と誓い、朝遅い)ことが決定打になりました。考えてみれば、今までの人生の決断もそういう感じでしたね。

わが道を行く生き方は、不向きであることを改めて痛感しました。いずれ独立したいだなんて、変な考えるのはやめよう・・・。いくら良いビジネスモデルを考えたとしても、決断には至れないのだから。何かやるにしても、リスクがほとんど無い副業ベース。あるいは、誰かしらと一緒にやって、自分等言うより相手がやりたいことの中で楽しむ。そんな感じですかね。

一つの転機だったかとは思いますが、何かが変わったと言うより、色々と諦めのついた転機でした。まー、ひそひそと活動していくことには変わりありません。これからもよろしくお願いします。

TibLab Blog © 2014 Frontier Theme