RaspberryPi ZeroでGroveセンサのテスト

現在とある計測装置を作っておりまして、今回、RaspberryPi Zero WHで、Groveシリーズの温度湿度センサとリレーを動かしてみました。

 

 

購入したものは以下。
・Raspberry Pi Zero WH
 https://www.switch-science.com/catalog/3646/
・GROVE – ベースHAT for Raspberry Pi Zero
 https://www.switch-science.com/catalog/5443/
・GROVE – デジタル温度・湿度センサPro
 https://www.switch-science.com/catalog/819/
・GROVE – リレー
 https://www.switch-science.com/catalog/807/
・microSD 32GB

 

準備

下記公式サイトのOnline one-click installation記載のスクリプトを実行します。

curl -sL https://github.com/Seeed-Studio/grove.py/raw/master/install.sh | sudo bash -s

 

なんか色々と必要なライブラリがインストールされます。10分くらいかかったと思います。

 

Grove Base Hat for Raspberry Pi Zero
https://wiki.seeedstudio.com/Grove_Base_Hat_for_Raspberry_Pi_Zero/#software

 

温度センサのテスト

まず最初に温度・湿度センサProの値を取得してみました。
ちなみにProにしたのは、在庫の関係で特に意味はありません。

公式サイトにPort12にセットせよっと書いてありますので、PWMと書かれているコネクタに挿します。

値の取得には、上記Grove.pyだけじゃなく、センサに応じてライブラリを追加するようで、以下で拾ってきて

git clone https://github.com/Seeed-Studio/Seeed_Python_DHT.git

 

インストールします。

cd Seeed_Python_DHT
sudo python setup.py install

 

下記のサンプルコードを作成し、

import time
import seeed_dht
def main():
 
    # for DHT11/DHT22
    sensor = seeed_dht.DHT("22", 12)
    # for DHT10
    # sensor = seeed_dht.DHT("10")
 
    while True:
        humi, temp = sensor.read()
        if not humi is None:
            print('DHT{0}, humidity {1:.1f}%, temperature {2:.1f}*'.format(sensor.dht_type, humi, temp))
        else:
            print('DHT{0}, humidity & temperature: {1}'.format(sensor.dht_type, temp))
        time.sleep(1)
 
 
if __name__ == '__main__':
    main()

 

実行すると、

おお、ちゃんと拾ってきてるっぽい。ちなみに、最後の方で湿度が上がっているのは、変化が生じるかセンサを握ってみたからです。

 

ラズパイ GroveベースHAT編
https://dive2blue.hatenablog.com/entry/2019/05/14/222525

Grove – Temperature&Humidity Sensor Pro(DHT22)
https://wiki.seeedstudio.com/Grove-Temperature_and_Humidity_Sensor_Pro/#play-with-raspberry-pi-with-grove-base-hat-for-raspberry-pi

 
 

リレーのテスト

こちらもport12に挿せと書いてあるので、PWMと書かれているコネクタに挿します。

ライブラリをダウンロードし、

git clone https://github.com/Seeed-Studio/grove.py

サンプルコードを実行させます。

cd grove.py/grove
python grove_relay.py 12

無事、1秒ごとにカチカチという音が鳴り、リレーがオン・オフされました。


試しにLEDを光らせてみました。

 

先ほどのPWMというコネクタは、湿度・温度センサで使いたいので、D16に挿して、以下のコマンドを実行。

python grove_relay.py 16

無事に使えました。同様に、D5のコネクタでも使用可能でした。

 

Grove – Relay
https://wiki.seeedstudio.com/Grove-Relay/#play-with-raspberry-pi-with-grove-base-hat-for-raspberry-pi

 
 

これで温度を取得しながら、リレーを二つ動かすという目的を達せそうです。温度センサやリレー単体を動かすよりコストはかかりますが、簡単です。Groveシリーズ中々良いですな!

Updated: 2020年11月21日 — 11:15

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。